低刺激シャンプーで頭皮のニキビケアはできる?頭皮ニキビの原因と気をつけたい成分5選!

低刺激シャンプーは、頭皮のニキビ対策に効果的でしょうか?
なかなか頭皮ニキビが治らず悩んでいます・・・。

低刺激シャンプーは通常のシャンプーよりも洗浄成分がやさしいので、ニキビケアとしても効果が期待されます。
ニキビには”抗炎症”効果のあるシャンプーがよりおすすめですよ。

頭皮ニキビの原因やおすすめのシャンプーについても色々知りたいです。

そこで今回は、

・頭皮ニキビの原因
・低刺激シャンプーとは
・頭皮ニキビに気をつけたい成分


について詳しくご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

目次

頭皮ニキビの原因

低刺激シャンプーで、頭皮ニキビ対策ができるのかどうか知りたいです。

まずは、ニキビができるメカニズムについてご紹介します。
ニキビの元となるアクネ菌が頭皮の毛穴に入ってしまうことで、頭皮ニキビができてしまいます。

画像で説明すると、下記のような仕組みになっています。

そんな頭皮ニキビの主な原因としては、以下の5つがあげられます。

  1. ストレス
  2. 食生活の乱れ
  3. 睡眠不足
  4. シャンプーの洗い残し
  5. 頭が蒸れている

①②③日々の生活習慣の乱れが原因で、頭皮ニキビができてしまうことがあります。

正しいシャンプーの洗い方ができていないことも、頭皮ニキビの原因の一つ。
シャンプーは、洗い残しのないようにすすぎましょう。

正しいシャンプーの洗い方につきましては、別記事をご参照ください。

正しいシャンプーの洗い方は、たったコレだけ!誰でも簡単にできるシャンプーの洗い方のコツ7選でご紹介していますので、ご参考ください。

⑤長時間帽子やヘルメットなどを着用していることも頭皮ニキビの原因になることもあります。
なぜなら、頭が蒸れて通気性を悪化させるから。

頭皮ニキビがあるときは、帽子やヘルメットの長時間使用をなるべく避けるようにしましょう。

頭皮ニキビだけでなく、おでこの大人ニキビに悩まれている方は、大人ニキビの原因はシャンプー⁉おでこのニキビや肌荒れを防ぐ方法をこっそり教えますをご覧ください。

低刺激シャンプーとは

頭皮ニキビの原因は5つもあるんですね。
低刺激シャンプーで、頭皮ニキビ対策ができるのかどうか知りたいです。

低刺激シャンプーは頭皮への負担が少ないので、頭皮ニキビ対策としては効果的です。
そこで、こちらでは低刺激シャンプーについて詳しくご紹介します。

低刺激シャンプーとは、主に以下の5つです。

  1. やさしい洗浄力
  2. 天然由来成分
  3. ノンシリコン
  4. オーガニック
  5. 無添加

一つずつ、詳しくご紹介しますね。

低刺激シャンプーとは:①やさしい洗浄力

低刺激シャンプーとは、その名の通り刺激の少ないシャンプーのことです。
洗浄力がやさしい成分として、以下の4種類のシャンプーはとくにオススメです。

やさしい洗浄力のシャンプー
  1. アミノ酸系
  2. 石けん系
  3. ベタイン系
  4. スルホコハク酸系

低刺激シャンプーの選び方につきましては、下記の記事で詳しくご紹介しています。
ぜひ、合わせてご覧ください。

低刺激シャンプーとは:②天然由来成分

天然由来成分とは人の手で作られた合成成分とは異なり、自然界に存在している成分のことです。
肌や髪、そして環境にやさしいことが大きな特徴でもあります。

低刺激シャンプーとは:③ノンシリコン

はじめにお伝えしておきますが、シリコンがダメというわけではありません。
ただし、シャンプーの目的は頭皮の洗浄です。

頭皮の洗浄にはシリコンは不要ですので、本来のシャンプーはノンシリコンでも問題ないのです。
シリコンシャンプーの問題点としては、洗浄力の強い成分が入っている場合があること。

洗浄力の強すぎるシャンプーは髪を傷めてしまう可能性もありますので、ノンシリコンでかつ洗浄力のやさしいシャンプーを使用することをおすすめします。

シリコン・ノンシリコンの見分け方につきましては、下記の記事をご参考ください。

ノンシリコンは熱によるダメージが大きいので、トリートメントなどで保湿しましょう。

低刺激シャンプーとは:④オーガニック

オーガニックとは”有機”という意味で、有機栽培で育てた植物を使用しているシャンプーのことをオーガニックシャンプーと言います。
オーガニックも肌にやさしい成分が多いですが、注意点が2つあります。

①植物アレルギーの方
②海外製のオーガニックシャンプーを使用する方

オーガニックは海外のほうが発展しており、実際に海外では認証機関がたくさんあります。
しかし、海外製のオーガニックシャンプーは日本人の肌には合わない方もいます。

オーガニックにつきましては、下記の記事でもご紹介していますのでご覧ください。

低刺激シャンプーとは:⑤無添加

無添加とは、合成香料や合成界面活性剤などの成分が入っていないことを言います。
本来の無添加の定義は、薬機法の102旧指定成分が一切含まれないことを”無添加”と呼んでいました。

現在では、1つでも添加物(合成香料や合成防腐剤など)が入っていない場合でも無添加を呼ぶことができます。

無添加シャンプーのメリット・デメリットについては、別記事でご紹介しています。
下記をご覧ください。

頭皮のニキビ対策としては、こちら以外にも抗炎症効果のあるシャンプーがおすすめですよ。

抗炎症効果のある成分

グリチルリチン酸2K

シャンプーを購入する際は、上記の成分をチェックするようにします!

頭皮ニキビに気をつけたい成分

低刺激シャンプーで頭皮ニキビ対策をするときに、気をつけたい成分は何かありますか?

最後に、頭皮ニキビに気をつけたい成分を6つご紹介します。

  1. 合成界面活性剤
  2. 合成香料
  3. 合成防腐剤
  4. 合成着色料(タール色素)
  5. シリコン
  6. 洗浄力の強い成分

①②③④合成とは人の手で作られたものですので、天然由来成分よりも頭皮トラブルを引き起こしやすいです。
そのため、頭皮ニキビにはできるだけ合成成分は不使用のものを使用すると安心です。

誰もが必ずしも合成成分が合わないというわけではありません。
ただし、敏感肌やアトピー肌、そして頭皮トラブルを抱えている方は合成成分よりも天然由来成分がより安心です。

合成防腐剤につきましては、フェノキシエタノールとパラベンの違いは何?防腐剤は危険!?2つの特徴と危険性について徹底解説!でご紹介しています。
また、合成界面活性剤とパラベンの詳細につきましては、合成界面活性剤とパラベンは危険⁉それぞれの成分や毒性について徹底解説しますでもご紹介していますので、ご参考ください。

⑤「低刺激シャンプーとは:③」でもお伝えしましたが、シリコンは毛穴が詰まってしまい頭皮ニキビが悪化する可能性もあります。
そのため、できるだけノンシリコンシャンプーを選ぶと良いでしょう。

⑥洗浄力の強い成分はすっきりとした洗い上がりになるので、頭皮ニキビには良いと思われがちですが、実は逆効果です。
頭皮の皮脂を洗い落としすぎることで、乾燥や炎症を起こすことも。

そのため、頭皮ニキビケアとしてはやさしい洗浄力のシャンプーで洗うことをおすすめします。

まとめ

今回は、

・頭皮ニキビの原因
・低刺激シャンプーとは
・頭皮ニキビに気をつけたい成分


についてご紹介しました。

頭皮ニキビにおすすめの低刺激シャンプーは、

①やさしい洗浄力
②天然由来成分
③ノンシリコン
④オーガニック
⑤無添加

の5つが重要なポイントなのですね。

加えて、抗炎症効果のあるシャンプーがよりおすすめです。
ぜひ一度、上記のシャンプーを使用してみてくださいね。

植林宏樹
植林宏樹

大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる