低刺激シャンプーのおすすめはどれ?初心者向けの低刺激シャンプーの選び方5選 

低刺激シャンプーの中でも、とくにおすすめは何ですか?

低刺激シャンプーは市販や美容室、通販でも多く販売されているので、「こちらがおすすめ!」とは一概には言えません。
それぞれ、特徴やこだわりのポイントが異なるので、成分表をチェックすることが大切です。

初めて低刺激シャンプーの購入を検討しているのですが、低刺激シャンプーの選び方のコツはありますか?

そこで今回は、

・低刺激シャンプーって何?
・低刺激シャンプーの選び方
・『ハナアフ スキンケアシャンプー』について


についてご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

目次

低刺激シャンプーって何?

低刺激シャンプーで、とくにおすすめの人気商品を知りたいです!

まずは、低刺激シャンプーについてご紹介します。
低刺激シャンプーとは、頭皮や髪への刺激が少ないシャンプーです。

刺激となる添加物(合成着色料や合成香料など)が入っていないので、子どもから大人まで安心して使えます。
頭皮トラブルで悩んでいる方はもちろん、敏感肌やアトピー肌の方でも使用できるシャンプーが多いです。

低刺激シャンプーをおすすめしたい方

・敏感肌や乾燥肌、アトピー肌
・頭皮トラブルで悩んでいる(かゆみ、フケ、乾燥、炎症、湿疹など)
・抜け毛で悩んでいる

頭皮環境の悪化を防ぐためには、やさしい洗浄成分のシャンプーを使用しましょう。
洗浄力の強いシャンプーを使用すると、頭皮の皮脂は過剰分泌し、頭皮の状態が悪くなってしまいます。

低刺激シャンプーの選び方

次に、低刺激シャンプーのおすすめの選び方について、以下の5つをご紹介します。 

  1. 洗浄成分の種類
  2. ノンシリコン
  3. 添加物フリー
  4. 頭皮トラブルには薬用シャンプー
  5. 保湿成分配合

一つずつ、詳細をご説明しますね。

低刺激シャンプーの選び方:①洗浄成分の種類

まずは、シャンプーの洗浄成分の種類をチェックしましょう。
シャンプーの主成分は、商品の裏側(水の次に)表示されていて、主に6種類の洗浄成分があります。

①高級アルコール系シャンプー
②石けん系シャンプー
③アミノ酸系シャンプー
④ベタイン系シャンプー
⑤オレフィン系シャンプー
⑥スルホコハク酸系シャンプー

①⑤高級アルコール系シャンプー・オレフィン系シャンプー
特徴としては、洗浄力・脱脂力ともに強く、泡立ちも良いです。
高級アルコール系の成分名は、「ラウリル●●」や「ラウレス●●」で、オレフィン系の成分名は、「オレフィン●●」と表示されています。

②石けん系シャンプー
洗浄力が高く、シンプルな成分で頭皮にやさしいシャンプーです。
成分名は、「石けん●●」や「脂肪酸●●」と表示されています。

③④⑥アミノ酸系シャンプー・ベタイン系シャンプー・スルホコハク酸系シャンプー
アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がマイルドで頭皮や髪にやさしいシャンプーです。
保湿成分が配合されている商品も多くあります。
成分名は、「ココイル●●」「ラウロイル●●」と表示されています。

ベタイン系シャンプーは、アミノ酸系よりも洗浄力はやや劣りますが、保湿力は高いです。
そのため、ベビーシャンプーとしても使われることの多いシャンプーです。
成分名は「●●ベタイン」と表示されています。

スルホコハク酸系シャンプーは、アミノ酸系のあとに開発されたシャンプーで、アミノ酸系よりも洗浄力は高めですが、頭皮や髪にやさしい成分です。
成分名は、「スルホコハク酸●●」と表示されています。

とくにおすすめしたいのは、アミノ酸系・ベタイン系・スルホコハク酸系ですが、場合によっては、石けん系が合う方もいらっしゃいます。

シャンプーの成分名称の詳細は、下記でご紹介していますので合わせてご覧ください。

低刺激シャンプーの選び方:②ノンシリコン

シャンプーには、シリコンとノンシリコンがあります。
シリコンシャンプーは、熱に強く指通りが良いので、髪のダメージは受けにくいです。

一方、ノンシリコンシャンプーは、髪が軽くなりボリュームが出やすくなります
どちらもメリットとデメリットがありますが、注意すべき点としては、シリコンシャンプーの洗浄成分です。

とくに、市販の安価なシリコンシャンプーには、洗浄力の高い成分を使用している可能性が高いです。
洗浄力の高いシャンプーで髪がきしまないように、シリコンを配合して指通りを良くみせている商品もあります

シリコンシャンプーを購入する際は、洗浄成分と合わせて確認しましょう。

シリコンシャンプーにつきましては、下記の記事で詳しくご紹介していますのでご参考ください。

低刺激シャンプーの選び方:③添加物フリー

低刺激シャンプーは、できるだけ肌・頭皮・髪に負担のかからないよう添加物が入っていない商品を選びましょう。

できるだけ避けたい成分

①石油系合成界面活性剤
②合成着色料
③合成香料
④合成防腐剤
⑤タール色素

無添加シャンプーと呼ばれる商品も多くありますが、実は無添加シャンプーの定義も商品によって異なります。
詳細は、下記の記事をご覧ください。

低刺激シャンプーの選び方:④頭皮トラブルには薬用シャンプー

かゆみやフケなどの頭皮トラブルで悩んでいる方は、薬用シャンプーを検討しましょう。
薬用シャンプーは、頭皮の悩みを解決してくれる成分が配合されています。

かゆみやフケなどの有効成分として有名なのは、「グリチルリチン酸2k」「ピロクタンオラミン」「ヒノキチオール」などがあります。
ぜひ、シャンプー選びの参考にしてみてくださいね。

低刺激シャンプーの選び方:⑤保湿成分配合

アミノ酸系シャンプーの多くは、保湿効果の期待できる成分が配合されていますが、敏感肌や乾燥肌の方は保湿成分が多く配合されている商品を選ぶことも一つの方法です。

「ヒアルロン酸」や「グリセリン」、天然由来の植物エキスが配合されたシャンプーを選んでみましょう。

低刺激シャンプーを数ヶ月使用しても、頭皮トラブルが解決できない場合は皮膚科の医師に相談してみましょう。

低刺激シャンプーの選び方:~番外編~

低刺激シャンプーを初めて使用する場合は、口コミを参考にすることも一つの手です。
ただし、すべてを鵜呑みにせずにしましょう。

なぜなら、髪質や肌質は人によって異なるから。
髪の使用感よりも、香りや泡立ちなどを参考にしてみても良いでしょう。

『ハナアフ スキンケアシャンプー』について 

スキンケア発想のシャンプー『ハナアフ スキンケアシャンプー』

ハナアフは、髪と肌にやさしいスキンケア系ナチュラルヘアケアです。
シャンプーの主成分は、スルホコハク酸系シャンプーで、以下の添加物は一切入っていません。

・ノンシリコン
・ノンフェノキシエタノール
・ノンパラベンパラベン
・合成着色料不使用
・合成香料不使用

地肌にやさしい成分にこだわっていることはもちろん、抗炎症作用のある「ヒノキチオール」も配合されているので、頭皮ケアにもおすすめです。

ハナアフは美容専売品のため、お近くの美容院での購入となりますが、今だけ期間限定でお試しキャンペーンを実施中です!
美容院のシャンプーが、自宅で1週間お試しできます。

\\期間限定 お試しキャンペーンの詳細はコチラからどうぞ!//

まとめ

今回は、

・低刺激シャンプーって何?
・低刺激シャンプーの選び方
・『ハナアフ スキンケアシャンプー』について


についてご紹介しました。

低刺激シャンプーには、商品によってそれぞれこだわっているポイントが異なるんですね。
自分の頭皮環境や髪質に合う低刺激シャンプーを探してみます。

美髪になるためには、まずは頭皮ケアから整えることが大事です。
地肌にやさしいシャンプーを使って、健やかな頭皮と髪を目指しましょう!

植林宏樹
植林宏樹

大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる