一体なぜ?オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策5選 

オーガニックシャンプーを使い始めましたが、髪に合わないような気がします。
髪がギシギシになったりパサつきがあるのですが、原因は何でしょうか?

オーガニックシャンプーが合わない原因としては、主に5つあります。

原因は5つもあるんですね・・・!
対処法は何かありますか?

もちろんあります。
そこで今回は、

・オーガニックシャンプーとは
・オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策


について詳しくご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

目次

オーガニックシャンプーとは

オーガニックシャンプーが合わない原因について教えてください!

まずは、オーガニックシャンプーについて詳しくご紹介します。
オーガニックシャンプーとは、有機栽培の植物を中心に使用しているシャンプーのことです。

オーガニックは化学農薬や化学肥料を使用せずに植物成分で作られていることから、以下の2つはとくに大きなメリットです。

  1. 安全性の高さ
  2. 髪・肌・環境にやさしい

オーガニックシャンプーの特徴としては、以下の3つがあげられます。

  1. 植物成分(天然由来成分)で作られている
  2. 日本製と海外製のものがある
  3. 市販と美容院のどちらにも販売されている

ただし、すべてのオーガニックシャンプーの商品が安全というわけではありません
なぜなら、商品によって特徴や成分は違うから。

次の章では、オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策について詳しくご紹介します。

下記の2つの記事は、オーガニックシャンプーのメリット・デメリットはもちろん、ノンシリコンとシリコンの違いについてもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策

次に、オーガニックシャンプーが合わない原因について、以下の5つをご紹介します。

  1. 植物アレルギー
  2. 海外製
  3. 肌質
  4. ノンシリコン
  5. 使い始めたばかり

一つずつ、解決策と合わせてご説明しますね。

オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策:①植物アレルギー

「オーガニックシャンプーとは」でもお伝えしましたが、オーガニックシャンプーは植物成分で作られているので植物アレルギーの場合、肌荒れや炎症を引き起こす可能性があります

解決策①
  • オーガニックシャンプーを購入するときは、植物アレルギーに対応しない成分かどうかをチェックしてみましょう。

    商品によっては天然由来成分100%以外にも、天然由来成分50~90%のものもあります。
    そのため、植物成分が少ないオーガニックシャンプーを使用することも一つの手です。
  • オーガニックシャンプーを使用する際は、事前にパッチテストを行うとより安心です。

オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策:②海外製

オーガニックブームは日本よりも海外の方が早く発展しているので、海外のオーガニックシャンプーの数は多く高品質なものも多いです。
実際に、海外では認証機関もいくつか存在します。

しかし、海外のオーガニックシャンプーは日本人の肌に合わない可能性もあります。

解決策②
  • 海外製のオーガニックシャンプーを使用して合わない場合は、一度国産のオーガニックシャンプーの使用を検討してみると良いでしょう。

国産のオーガニックシャンプーがおすすめの理由につきましては、なぜオーガニックシャンプーは国産がおすすめ?外国産との違いは?5つの特徴と3つの注意点をご紹介!で詳しくご紹介していますので、ご参考ください。

オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策:③肌質

髪質や肌質は人それぞれですので、オーガニックシャンプーも合う方と合わない方がいます。
オーガニックシャンプーは洗浄力がマイルドなものが多く、肌質でいうと敏感肌や乾燥肌の方におすすめです。

解決策③
  • あなたの肌質をチェックしましょう。
    オーガニックシャンプーにおすすめの肌質は、敏感肌・乾燥肌の方です。

オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策:④ノンシリコン

これまでシリコンシャンプーを使用していた方はとくに、ノンシリコンシャンプーを使い始めてから髪のきしみやパサつきに悩むことも多いかもしれません。
なぜなら、シリコンは髪のつやを与える効果も期待されているから。

ただし、シャンプーの目的は頭皮の洗浄ですので、シャンプーにシリコンは必要のないものです。
シリコンとノンシリコンにつきましては、下記の記事でも詳しくご紹介していますので合わせてご覧ください。

解決策④
  • トリートメントはシリコン入りのものを使ってみましょう。
  • 洗い流さないトリートメントなどで髪の保湿を行いましょう

「シリコンとノンシリコンの見分け方が分からない!」という方は、注目!シャンプーのノンシリコンの見分け方が一瞬でわかる方法をご覧ください。

シリコンとノンシリコンにつきましては、下記の記事でもご紹介していますのでご参考ください。

オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策:⑤使い始めたばかり

オーガニックシャンプーを使い始めてまだ数週間の方は、髪のきしみやガシガシ、パサつきなどで悩む方もいます。
理由としては、これまでに使用していたシャンプーの成分が今のシャンプーと異なるから。

たとえば、

・シリコンからノンシリコンに替えた
・高級アルコール系シャンプーからアミノ酸系シャンプーに替えた

などの場合。

ノンシリコンにつきましては、「オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策④」でもお伝えしましたが、シリコンはツヤを与える効果が期待されているので、ノンシリコンよりも髪の指通りは良いです。
一方、ノンシリコンはシリコンが入っていないため、髪のきしみやパサつきに悩んでしまうことも。

高級アルコール系シャンプーも同様に、シリコン入りのシャンプーが多いです。
そのため、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーに切り替えてから髪がガシガシになるという方もいます。

解決策⑤
  • シャンプーボトルがなくなるまで(約2~3ヶ月)使い続けてみましょう。
    なぜなら、髪の変化がわかるまでに数ヶ月はかかるから。

    シャンプーの相性はすぐには分からないので、まずは使い始めてみてください。
    使い続けるうちに、髪のきしみやパサつきに悩まなくなったという声もあります。

オーガニックシャンプーの中でも、アミノ酸系は髪のきしみやパサつきなどに悩まれる方もいらっしゃいます。
アミノ酸系のオーガニックシャンプーを使用していて、ヘアトラブルに悩まれている方はアミノ酸系シャンプーを使い始めてから髪がきしむのはなぜ?4つの原因と5つの解決策をご覧ください。

まとめ

今回は、

・オーガニックシャンプーとは
・オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策


についてご紹介しました。

オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策をまとめますね!

オーガニックシャンプーが合わない原因と解決策
①植物アレルギー
解決策
・オーガニックシャンプーを購入するときは、植物アレルギーに対応しない成分かどうかをチェックする
・オーガニックシャンプーを使用する際は、事前にパッチテストを行う

②海外製
解決策
・国産のオーガニックシャンプーを使用してみる

③肌質
解決策
・敏感肌や乾燥肌以外の方は、別のシャンプーの使用を検討する

④ノンシリコン
解決策
・シリコン入りのトリートメントを使用する
・洗い流さないトリートメントなどで保湿する

⑤使い始めたばかり
解決策
・シャンプーボトルがなくなるまで数ヶ月使用する

オーガニックシャンプーだけでも種類が多いので、ぜひ色んなシャンプーを手に取ってみてくださいね。
香りや価格も大切ですが、何よりもあなたの髪や頭皮に合ったシャンプーを使用することがもっとも大事です。

あなたの髪質や肌質に合うシャンプーが見つかりますように。

植林宏樹
植林宏樹

大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる