高級アルコール系シャンプーのおすすめは?特徴と成分、合う人・合わない人をご紹介

高級アルコール系シャンプーで、おすすめのシャンプーはありますか?
市販のシャンプーの中でも、良いシャンプーを使いたいと思っています。

高級アルコール系シャンプーは、洗浄力と脱脂力が高いので、合う人と合わない人がいらっしゃいます。

高級アルコール系シャンプーの成分や特徴について、詳しく教えてください!

今回は、

・高級アルコール系シャンプーとは
・高級アルコール系シャンプーが合う人・合わない人
・シャンプーの品質にこだわるなら、低刺激シャンプーがおすすめ!


についてご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

目次

高級アルコール系シャンプーとは

高級アルコール系シャンプーの中でも、とくにおすすめのシャンプーは何ですか?

まずは、シャンプーの種類についてご紹介します。
シャンプーには、大きく分けて以下の6種類に分けられます。

シャンプーの種類
  1. 高級アルコール系シャンプー
  2. 石けん系シャンプー
  3. アミノ酸系シャンプー
  4. ベタイン系シャンプー
  5. オレフィン系シャンプー
  6. スルホコハク酸系シャンプー

上記の6種類の中でも、高級アルコール系シャンプーは代表的なシャンプーであり、市販のシャンプーで多くみられます

シャンプーの種類って、6つも分けられているんですね。

上記6種類のシャンプーにつきましては、下記の記事でもご紹介しています。
ぜひ、合わせてご覧ください。

次の章では、高級アルコール系シャンプーの成分と特徴について、より詳しくご紹介します。

高級アルコール系シャンプーとは:①成分

高級アルコール系シャンプーと他のシャンプーの見分け方が分かりません。

次に、高級アルコール系シャンプーの成分についてご紹介します。
以下の成分が入っていれば、高級アルコール系シャンプーです。

高級アルコール系シャンプーの成分名※一例です

・ラウレス硫酸ナトリウム
・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸硫酸アンモニウム

成分表は、シャンプーボトルの裏側に表示されています。
水の次に記載されている成分名が、メインの洗浄成分(界面活性剤)です。

高級アルコール系シャンプーとは:②特徴

高級アルコール系シャンプーの特徴は、洗浄力と脱脂力が高いこと以外に何かありますか?

高級アルコール系シャンプーの特徴としては、洗浄力・脱脂力が高いことはもちろん、泡立ちや泡切れも良いので、少量でも泡立つ商品が多いです。

高級アルコール系シャンプーのメリット・デメリットとしては、以下の通りです。

高級アルコール系シャンプーのメリット
  1. 洗浄力が高いのでスタイリング剤を洗い落としやすい
  2. 泡立ちが良い
  3. いい香りのものが多い
高級アルコール系シャンプーのデメリット
  1. 必要以上に皮脂を洗い落とす可能性がある
  2. 髪や頭皮のダメージが大きいので、かゆみやフケの原因にも
  3. カラーやパーマの持ちが良くない

洗浄力と脱脂力の高いので、頭皮や髪への負担も大きくなります。
敏感肌や乾燥肌、頭皮にトラブルがある場合は、頭皮や髪への刺激が強すぎて合わない可能性もあります。

高級アルコール系シャンプーにつきましては、高級アルコール系シャンプーは良くないってホント?特徴や成分、メリット・デメリットを徹底解説!でも詳しくご紹介しています。

高級アルコール系シャンプーが合う人・合わない人 

高級アルコール系シャンプーは、「みんなにおすすめ!」というわけでもないんですね。
高級アルコール系シャンプーが、合う人と合わない人について詳しく知りたいです。

高級アルコール系シャンプーは、洗浄力・脱脂力が高い分、頭皮や髪に合う人とそうでない人がいらっしゃいます。

高級アルコール系シャンプーが合う人
  • 脂性肌
  • スタイリング剤を使用している
  • スッキリとした洗い上がりを好む
高級アルコール系シャンプーが合わない人
  • 敏感肌・乾燥肌・アトピー肌
  • 肌・頭皮・髪にやさしいシャンプーを使いたい
  • 頭皮のかゆみやフケなどの頭皮トラブルで悩んでいる
  • カラーやパーマをしている
  • ダメージケアをしたい
  • 天然由来成分にこだわりたい

高級アルコール系シャンプーを使用していて、頭皮トラブルやダメージヘアで悩んでいない場合でも、年数を重ねていくうちに頭皮や髪にトラブルが起こってしまうこともあります。

とくに、敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の方は頭皮環境を悪化させてしまうリスクが高まるので、地肌にやさしいシャンプーを使用することをおすすめします。

シャンプーの品質にこだわるなら、低刺激シャンプーがおすすめ!

高級アルコール系シャンプー以外に、おすすめのシャンプーはありますか?

  • 敏感肌なので、頭皮ケアを重視するシャンプーを使いたい
  • ダメージケアもできるシャンプーが良い
  • 普段からパーマやカラーをするので、持ちの良いシャンプーがほしい
  • 最近、頭皮のかゆみが気になってきた
  • シャンプーの価格よりも、品質にこだわりたい

上記のような方は、頭皮や髪にやさしい低刺激のシャンプーがおすすめです。
「高級アルコール系シャンプーとは」でもご紹介しましたが、シャンプーには主に6種類あります。

その中でも「アミノ酸系シャンプー」「ベタイン系シャンプー」「スルホコハク酸系シャンプー」は、程よい洗浄力のシャンプーで作られています。

頭皮や髪にやさしい低刺激のシャンプー
  • アミノ酸系シャンプー頭皮トラブルやダメージケアを重視したい方におすすめ
  • ベタイン系シャンプー:アミノ酸系よりも洗浄力がやさしく、ベビーシャンプーとしても使われているので親子で使いたい方におすすめ
  • スルホコハク酸系シャンプー:アミノ酸系よりも洗浄力はやや高いので、頭皮トラブルやダメージケアの方はもちろん、スタイリング剤を使用する方にもおすすめ

上記の3つのシャンプーは、頭皮ケアとヘアケアに重視したシャンプーが多いです。

品質を重視するのであれば、市販のシャンプーよりも、美容室のシャンプーのほうが良いですか?

結論からお伝えすると、市販のシャンプーよりも美容室のシャンプーのほうが品質にこだわっている商品が多いです。
なぜなら、サロンのシャンプーは、水と界面活性剤(シャンプーの洗浄成分)の割合が濃いから。

市販のシャンプーと美容室のシャンプーの違いにつきましては、【調査】シャンプーは市販VS美容院のどっち派⁉それぞれの特徴を徹底解説しますをご覧ください。

自社商品『ハナアフ スキンケアシャンプー』について

『ハナアフ スキンケアシャンプー』は、スルホコハク酸系シャンプーで作られたスキンケア発想のナチュラル系ヘアケアです。
地肌にやさしいスルホコハク酸系で、添加物(合成香料・合成着色料・防腐剤)を一切含んでおらず、シリコンも使用していません。

肌・頭皮・髪への安心にこだわったオーガニックシャンプーですので、敏感肌やアトピー肌の方、頭皮トラブルで悩んでいる方におすすめです。

『ハナアフ』の成分詳細は、下記よりどうぞ!

まとめ

今回は、

・高級アルコール系シャンプーとは
・高級アルコール系シャンプーが合う人・合わない人
・シャンプーの品質にこだわるなら、低刺激シャンプーがおすすめ!


についてご紹介しました。

高級アルコール系シャンプー以外にも、シャンプーによっては合う人とそうでない人がいらっしゃるんですね。

知人のおすすめや、口コミや人気ランキングのサイトを参考にしてみることも一つの方法です。
ただし、シャンプーは髪質や肌質、あなたの悩みによってシャンプーの選び方も異なりますので、すべてを鵜呑みにしないほうが良いでしょう。

植林宏樹
植林宏樹

大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる