なぜオーガニックシャンプーは国産がおすすめ?外国産との違いは?5つの特徴と3つの注意点をご紹介!

 

オーガニックシャンプーは、国産だけでなく外国産もたくさんありますよね。
やはり国産のシャンプーが良いのでしょうか?

結論からお伝えすると、国産のオーガニックシャンプーをおすすめします。
なぜなら、外国産のオーガニックシャンプーは日本人の肌や髪に合わない可能性があるからです。

そうなんですね。
国産と外国産のオーガニックシャンプーの違いや、オーガニックシャンプーの見分け方などを教えてください!

そこで今回は、
 ・オーガニックシャンプーとは
・オーガニックシャンプーの特徴
・オーガニックシャンプーの注意点 

について詳しくご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

目次

オーガニックシャンプーとは

オーガニックシャンプーの国産と外国産の違いについて教えてください。

まずは、オーガニックシャンプーについて簡単にご紹介します。
オーガニックとは ”有機” という意味で、  有機栽培の植物を使用しているシャンプー のことをオーガニックシャンプーと言います。

オーガニックには国内はもちろん、海外にも認証機関がいくつかあります。
詳細につきましては、別記事でもご紹介しておりますので合わせてご覧ください。

*関連記事:「今更すぎて聞けない!オーガニックシャンプーとは?~メリット・デメリット編~

オーガニックシャンプーの特徴

先ほどは、オーガニックシャンプーについて簡単にご紹介しました。
次にオーガニックシャンプーの特徴について以下の5つをご紹介します。

  1. 国産と外国産がある
  2. 肌にやさしい成分が多い
  3. ほとんどはノンシリコン
  4. 無添加のものもある
  5. アミノ酸系シャンプーのものが多い

一つずつ、詳しくご説明しますね!

オーガニックシャンプーの特徴:①国産と外国産がある

冒頭でもお伝えしましたが、オーガニックシャンプーには国産と外国産があります。
オーガニックブームは海外のほうが早く発展しているので、海外のオーガニックシャンプーの中には高品質なものも多くあります。

しかし、外国産のオーガニックシャンプーは、 外国人の肌や髪に合ったものを基準に作られているので、日本人の肌や髪に合わない可能性があります 
そのため、オーガニックシャンプーを使用する際は、国産がより安心です。

*関連記事:「今更すぎて聞けない!オーガニックシャンプーとは?~ノンシリコンとシリコンの違い編~

オーガニックシャンプーの特徴:②肌にやさしい成分が多い

オーガニックシャンプーは 農薬や化学肥料を使っていないので、肌にやさしい成分が多い です。
そのため、敏感肌の方にオススメです。

また、肌にやさしいことから赤ちゃんからでも使えるシャンプーもあるので、親子で一緒に使えますよ。

オーガニックシャンプーの特徴:③ほとんどはノンシリコン

色んなオーガニックシャンプーが市場に出回っていますが、ほとんどはノンシリコンです。
そのため、オーガニックシャンプーは 成分にこだわって作られているものが多い ですよ。

シリコンについての詳細はこちらでは割愛させていただきますが、シリコンとノンシリコンについて気になる方は下記も合わせてご覧ください。
*関連記事:「今更すぎて聞けない!オーガニックシャンプーとは?~ノンシリコンとシリコンの違い編~

オーガニックシャンプーの特徴:④無添加のものもある

オーガニックシャンプーは、無添加にこだわって作られているものもあります。
無添加のメリットとしては、
 ・肌にやさしい
・環境にやさしい
・敏感肌の方におすすめ
・赤ちゃんから使える 

などがあげられます。
無添加については、下記でも詳しくご紹介していますのでご覧ください。

*関連記事:「敏感肌のシャンプーはノンシリコンがおすすめ?シャンプー選びで気をつけたいポイント

オーガニックシャンプーの特徴:⑤アミノ酸系シャンプーのものが多い

②でもお伝えしましたが、オーガニックシャンプーは肌にやさしい成分が多いので、アミノ酸系シャンプーがほとんどです。

アミノ酸系シャンプーは 洗浄力がマイルドなので、髪や頭皮の保湿をある程度守りながら必要な汚れのみを落としてくれます 

アミノ酸系シャンプーの見分け方としては、”タウリン系”や”アラニン系”、”グリシン系”などのさまざまな種類があります。
成分の名称については、こちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

*関連記事:「シャンプーの”自分に合うもの”は何で判断すべき?自分に合ったシャンプーの見つけ方3選

オーガニックシャンプーを使用するときの注意点

オーガニックシャンプーは国産か外国産の違いだけでなく、洗浄力も一般のシャンプーとは異なるのですね!
オーガニックシャンプーを使う上で、何か注意点などはありますか?

最後に、オーガニックシャンプーを使用するときの3つの注意点をご紹介します。

  1. きしむ
  2. 泡立ち
  3. かゆみ

一つずつ、詳細をみていきましょう。

オーガニックシャンプーを使用するときの注意点:①きしむ

今までオーガニックシャンプー以外を使用していた方はとくに、オーガニックシャンプーを使い始めると髪がきしむことに悩むことも多いかもしれません。
ではなぜ、髪がきしむのでしょうか?

なぜなら、 シリコンからノンシリコンへ切り替えた から。
対処法としては、もう少し使い続けてみてください。

ノンシリコンシャンプーはシリコンシャンプーのように、すぐに効果が出るものではありません。
 長期的に使い続けていくことで、「髪がさらさらになった!」と感じられるようになります よ。

オーガニックシャンプーを使用するときの注意点:②泡立ち

オーガニックシャンプーを使用して、泡立ちが良くないことに悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーは、高級アルコール系シャンプーよりも泡立ちが良くないこともあります。

対処法としては、 正しいシャンプーの洗い方 をしているか一度確認してみましょう。
こちらの記事でもご紹介していますが、以下は正しいシャンプーの洗い方7ステップです。

シャンプーの洗い方のコツ7選
ステップ①:洗う前にはブラッシングを
ステップ②:シャワーの温度は38℃前後に設定
ステップ③:予洗いは3分を目安に
ステップ④:シャンプーは手で軽く泡立てる
ステップ⑤:頭皮をやさしくマッサージするように
ステップ⑥:シャンプーの洗い残しがないように
ステップ⑦:トリートメントは頭皮ではなく髪につける

*関連記事:「たったコレだけ!シャンプーをする目的とシャンプーの洗い方のコツ7選

  正しいシャンプーの洗い方に変えるだけでも、泡立ちの変化が感じられます よ。

オーガニックシャンプーを使用するときの注意点:③かゆみ

オーガニックシャンプーを使用し始めて、かゆみで悩んでいる方はいませんか?
対処法としては、②でもお伝えしましたが正しいシャンプーの洗い方を確認してみてください。

ポイントは、 ”予洗いに時間をかけること”と”洗い残しのないようにすすぐこと”。 

また、シャンプーの目的は髪を洗うことではなく、頭皮を洗うことです。
そのため、シャンプーをする際は髪ではなく、 頭皮をやさしくマッサージするように 洗いましょう。

まとめ

今回は、
 ・オーガニックシャンプーとは
・オーガニックシャンプーの特徴
・オーガニックシャンプーの注意点 

についてご紹介しました。

オーガニックシャンプーは、メリットがたくさんありますね!
はじめて使用するときには3つの注意点にも気をつけます。

市販の高級アルコール系シャンプーと比べると、髪の手触りの変化に気づくのは少し先になります。
しかし、長期的に使用することで、徐々に効果を感じられるようになります。
パーマやカラーの持ちも違うので、ぜひ一度使用してみてくださいね。

植林宏樹
植林宏樹

大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる