BLOG

シャンプーは、どんなの判断基準で選べば良いのでしょうか?

シャンプーは、美容院だけでなく薬局でも販売されていますが、種類も多種多様で自分に合うシャンプーが何なのかが分からなくなりますよね。

そうなんです・・・。
とにかく種類が多いので、”匂い”や”価格”、”見た目”などで購入することもあります。

そこで今回は、 シャンプーの種類  自分に合ったシャンプーの見つけ方 についてご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

シャンプーの種類

シャンプーは”自分に合うもの”を選びたい。
シャンプー選びの判断基準を教えてください!

シャンプーの選び方をお伝えする前に、まずはシャンプーの種類についてご紹介しますね。

シャンプーは、主に以下の3種類に分かれています。

  1. 高級アルコール系シャンプー
  2. 石けん系シャンプー
  3. アミノ酸系シャンプー

一つずつ、詳しくご説明しますね。

シャンプーの種類:①高級アルコール系シャンプー

高級アルコールシャンプーの高級とは、”高品質”や”高価な”という意味ではなく、炭素が6つ以上含まれているため高級と呼ばれています。

【高級アルコール系シャンプーの主な成分】

ラウリル硫酸ナトリウム

ラウレス硫酸ナトリウム

ラウレス硫酸アンモニウム

 「ラウリル~」や「ラウレス~」から始まるもの=高級アルコール系シャンプー ですね。

高級アルコール系シャンプーの特徴は、以下の通りです。

・洗浄力:強

・泡立ち:◎

・頭皮への刺激:強

・洗い上がり:さらさら

・価格:安い

*こんな人におすすめ:脂性肌・コスパ重視・爽快感のある洗い上がりが好き

シャンプーの種類:②石けん系シャンプー

石けん系シャンプーとは、その名の通り石けんで作られたシャンプーです。

石けん系シャンプーの原料は天然の油脂で作られているので、頭皮や髪の毛にやさしいものとなっています。

【石けん系シャンプーの主な成分】

石けん素地(カリ石けん素地)

石けん分(純石けん分)

脂肪酸ナトリウム

脂肪酸カリウム

 「石けん」や「脂肪酸」などのワードが入っているものは、石けん系シャンプー ですね。

石けん系シャンプーの特徴は、以下の通りです。

・洗浄力:強

・泡立ち:〇

・頭皮への刺激:中

・洗い上がり:スッキリ

・価格:安

*こんな人におすすめ:汗っかき・ハリやコシ重視・しっかり洗いたい

シャンプーの種類:③アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、弱酸性のため髪や頭皮にとってもやさしいシャンプーです。

洗浄力がマイルドなため、髪と頭皮を傷めず汚れを落としてくれますよ。

【アミノ酸系シャンプーの主な成分】

タウリン系
ココイルメチルタウリンNa
ラウロイルメチルタウリンNa
ココイルメチルタウリンタウリンNa
アラニン系
ラウロイルメチルアラニンNa
ココイルメチルアラニンTEA

グリシン系
ラウロイルサルコシンTEA
ラウロイルサルコシンNa
ココイルサルコシンTEA
ココイルサルコシンNa
ココイルグリシンK

グルタミン系
ラウロイルグルタミン酸Na
ココイルグルタミン酸TEA

アスパラギン酸系
ラウロイルアスパラギン酸Na

アミノ酸系シャンプーの成分は他のシャンプーに比べて多いのですが、 「ココイル~」や「ラウロイル~」から始まるものがアミノ系シャンプー ですね。

アミノ酸系シャンプーの特徴は、以下の通りです。

・洗浄力:マイルド

・泡立ち:△

・頭皮への刺激:弱

・洗いあがり:しっとり

・価格:高

*こんな人におすすめ:敏感肌・ダメージケアをしたい・髪の毛や頭皮を傷めなくない

ちなみにですが、弊社のシャンプーはアミノ酸系シャンプーのあとに開発された「スルホコハク酸系のシャンプー」です。

自分に合ったシャンプーの見つけ方

シャンプーは自分に合うものがほしいけど、判断するものは何なのか分からない。

お待たせしました!こちらでは、自分に合ったシャンプーの見つけ方について3つのポイントをご紹介します。

  1. 髪質と肌質
  2. 悩み
  3. 成分

一つずつ、詳しくみていきましょう。

自分に合ったシャンプーの見つけ方:①髪質と肌質

何と言っても、まずは自分の 髪質と肌質を知る ことが大切です。

「肌質は関係ないのでは?」と思われる方が多いのですが、頭皮は顔とつながっているため、肌質はシャンプー選びの際に重要です。

なぜなら、合わないシャンプーを使用するとトラブルになる可能性が高いから。

たとえば、敏感肌の方が高級アルコール系シャンプーを使っていると、洗浄力が強すぎてかゆみや赤みの原因になることがあったりします。

反対に、脂性肌の方がアミノ酸系シャンプーを使用すると合わなかったという方も中にはいます。

そのため、あなたの髪質・肌質は以下のどちらに当てはまるかをぜひチェックしてみてください。

【髪質】

  • 猫っ毛
  • くせ毛
  • 剛毛
  • うす毛

【肌質】

  • 敏感肌
  • 混合肌
  • 脂性肌

自分に合ったシャンプーの見つけ方:②悩み

ご自身のヘアトラブルをもとに、シャンプー選びをすることも一つの手です。

  • カラーリングをしているので色落ちを防ぎたい
  • 枝毛がひどい
  • 広がりをおさえたい

など、あなたの悩みを解決してくれるシャンプーを探してみましょう。

何度使用しても、悩みが解決しない場合は、シャンプーの成分が合っていない可能性があります。

成分については、次の章で詳しくお伝えしますね。

自分に合ったシャンプーの見つけ方:③成分

あなたの髪質や肌質がある程度分かる方は、とくに成分をチェックすることをおすすめします。

なぜなら、あなたに合った髪質や肌質の成分でないものを使うとトラブルになる可能性があるから。

成分については、先ほどの「シャンプーの種類」でもお伝えしていますのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は、 シャンプーの種類  自分に合ったシャンプーの見つけ方 についてご紹介しました。

シャンプーの種類は沢山ありますが、まずは、あなたの髪質と肌質を知ることが大切なポイントです。
その上で、シャンプー選びをしてみてくださいね。

植林宏樹
植林宏樹

大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA