【調査】シャンプーは市販VS美容院のどっち派⁉それぞれの特徴を徹底解説します

シャンプーの種類は大きくと分けると、市販と美容院の2種類ありますよね。
どちらが良いのでしょうか?

市販・美容院シャンプーともに、 それぞれの特徴があるので良し悪しもあります。

市販シャンプーと美容院シャンプーの違いを教えてください!

今回は、

・市販シャンプーと美容院シャンプーの違い
・市販シャンプーと美容院シャンプーのメリット・デメリット


について詳しくご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

目次

市販シャンプーと美容院シャンプーの違い

市販と美容院のシャンプー、どちらを使ったら良いのか分からない。

早速ですが、市販シャンプーと美容院シャンプーの違いについて、以下の7つをご紹介します。

  1. 成分
  2. 価格
  3. 購入場所
  4. パーマやカラーとの相性
  5. 髪や頭皮への負担
  6. 容器(ボトル)
  7. 重視するポイント

一つずつ、詳しくご説明しますね。

市販シャンプーと美容院シャンプーの違い:①成分

そもそも、市販シャンプーと美容院シャンプーの中身の成分は全く異なります。
市販シャンプーのほとんどは高級アルコール系シャンプーなのに対し、美容院シャンプーのほとんどはアミノ系シャンプーで作られています。

余談ですが、市販シャンプーと美容院シャンプーで作られている水の量も大きく異なります。
市販シャンプーは全体の約5割が水ですが一方、美容院シャンプーは全体の約3割前後が水で作られています。

水が多いほどきめの粗い泡立ちに、水が少ないほどきめ細かい泡立ちのシャンプーに仕上がります。

市販シャンプーと美容院シャンプーの違い:②価格

市販シャンプーの相場は¥500~¥2,000くらいですが、一方で、美容院シャンプーの相場は¥2,000~¥5,000くらいです。
中には¥5,000を超えるものもあるので、価格の差も大きく違います。

市販シャンプーと美容院シャンプーの違い:③購入場所

市販シャンプーは、基本的には近所の薬局やスーパーなどで簡単に手に入れることができますが、美容院シャンプーは、美容院でしか購入できないことがほとんどです。

中には、ネットで購入できるシャンプーもあります。

余談ですが、自社商品『ハナアフ』はサロン専売品ですので、お求めの方はお近くの美容室までどうぞ!

市販シャンプーと美容院シャンプーの違い:④パーマやカラーとの相性

市販シャンプーは、シリコンシャンプーが多く髪のコーティング力が高いので、指通りが良いです。
しかし、コーティング力が強すぎることで、パーマやカラーを阻害する原因になることも。

一方、美容院シャンプーのほとんどはノンシリコンシャンプーですので、パーマやカラーとの相性が良く染まりやすいです。

市販シャンプーと美容院シャンプーの違い:⑤髪や頭皮への負担

「市販シャンプーと美容院シャンプーの違い:①」でもお伝えしましたが、市販シャンプーのほとんどは、高級アルコール系シャンプーですので洗浄力は高い分、髪や頭皮への負担は多くなります。

美容院シャンプーは、髪や頭皮にやさしいアミノ系シャンプーで作られていますが、その分、洗浄力はマイルドになっています。

市販シャンプーと美容院シャンプーの違い:⑥容器(ボトル)

市販シャンプーの容器は、オシャレで可愛いものが多い反面、美容院シャンプーはシンプルなボトルのものが多いです。
なぜなら、シャンプーを重視するポイントが異なるから。

市販シャンプーは”購入者に良いイメージを持たせること”が目的なのに対し、美容院シャンプーは”高品質なシャンプーを作ること”が主な目的です。
そのため、外見の容器から作りが対照的になっているようですね。

市販シャンプーと美容院シャンプーの違い:⑦重視するポイント

「市販シャンプーと美容院シャンプーの違い:⑥」でもお伝えしましたが、市販シャンプーは、万人受けするシャンプーとして作られていて、美容院シャンプーは、品質にこだわったシャンプーとして作られています

そのため、それぞれの重視するポイントとしては以下のようなシャンプーが多いです。

市販シャンプー:価格
美容院シャンプー:品質

必ずしも、すべての市販シャンプーが価格のみ重視しているというわけではありません。
一方、美容院シャンプーのほとんどは、品質にこだわって作られています。

市販シャンプーと美容院シャンプーのメリット・デメリット

シャンプーの違いとして、市販と美容院の違いがあることは理解できました!
そもそも、シャンプーの成分が違うんですね。

そうなんですよ。
そもそも、シャンプーを作る目的がそれぞれ違うので、価格も変わってきますね。

そんな市販と美容院のシャンプーのメリット・デメリットは、一体何なのでしょうか?

次に、市販シャンプーと美容院シャンプーのメリット・デメリットについてそれぞれご紹介します。

市販シャンプーと美容院シャンプーのメリット・デメリット:~市販シャンプー~

まずは、市販シャンプーのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット
  • 価格が安い
  • 手軽に購入できる
  • 一度で仕上がりが良いように見える
  • 洗浄力が高い
デメリット
  • 髪や頭皮への負担が大きい
  • パーマやカラーに影響を及ぼすことも

市販シャンプーは、安価で手軽に購入できる一方で、髪や頭皮への負担は大きいです。

市販シャンプーと美容院シャンプーのメリット・デメリット:~美容院シャンプー~

次に、美容院シャンプーのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット
  • パーマやカラーの持ちがいい(洗浄力がマイルドなので摩擦を起こしにくい)
  • 自分好みのシャンプーをカスタマイズできる
  • プロの美容師さんが選んでくれる
  • 髪や頭皮への負担が少ない
デメリット
  • 価格が高い
  • 市販シャンプーよりも洗浄力は劣る

美容院シャンプーは、”何かに特化したシャンプー”ですので、あなたの髪の悩みを解決してくれます。
また、プロの美容師さんが選んでくれるのでシャンプー選びは安心ですよ。

一方で、価格は高価なものですので、購入できる範囲内で検討してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、

・市販シャンプーと美容院シャンプーの違い
・市販シャンプーと美容院シャンプーのメリット・デメリット


についてご紹介しました。

市販シャンプーも美容院シャンプーもそれぞれメリットとデメリットはあります。
大切なポイントは、あなたの髪質に合ったシャンプーを使用すること。

髪のトラブルで悩んでいる方は、一度美容院シャンプーを検討してみることをおすすめします。

植林宏樹
植林宏樹

大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる