知らなきゃ損!アミノ酸系シャンプーでフケが出る原因と今日から始められるフケ対策3選

アミノ酸系シャンプーを使うと、フケが出るのはなぜですか?

フケが出る原因は、7つあります。
フケには大きく分けて2種類あるので、シャンプー選びには注意が必要です。

詳細を教えてください!

今回は、

・アミノ酸系シャンプーでフケが出る原因
・今日から始められるフケ対策


についてご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

目次

アミノ酸系シャンプーでフケが出る原因

アミノ酸系シャンプーでフケが出るのはなぜですか?

フケが出る原因の前に、まずはフケについてご紹介します。

アミノ酸系シャンプーでフケが出る原因:~フケの種類~

フケには、大きく分けて2種類あります。

  1. 乾性のフケ
  2. 脂性のフケ

①乾燥によるフケで、白くてカサカサしています。
②皮脂の過剰分泌によるフケで、湿ってベタベタしています。

フケの種類によっても、フケ対策は異なるので気をつけましょう。

アミノ酸系シャンプーでフケが出る原因:~7つの原因~

フケが出る原因としては、主に以下の7つあります。

  1. 洗浄力の強すぎるシャンプー
  2. シャンプーのすすぎ残し
  3. シャンプーの洗いすぎ
  4. パーマやヘアカラー
  5. 紫外線
  6. 生活習慣の乱れ
  7. ストレス

①洗浄力の強すぎるシャンプーは頭皮の皮脂を必要以上に洗い落としてしまいます。
そのため、皮脂は過剰分泌されてしまいフケが出やすくなります

とくに、注意したいシャンプーの洗浄成分は、高級アルコール系シャンプーです。
高級アルコール系シャンプーは、市販のシャンプーに多く見られる「ラウレス硫酸Na」や「ラウリル硫酸Na」などの成分名で表示されています。

中には、”アミノ酸配合シャンプー”と謳っている高級アルコール系シャンプーもあります。
アミノ酸系シャンプーの成分が少しでも入っていれば、アミノ酸配合シャンプーです。

購入時には、裏面に記載されている成分を確認しましょう。
水の次に表示されている成分名がメインの洗浄成分です。

②③シャンプーのすすぎ残しや洗いすぎは、頭皮トラブルの元です。
とくに、アミノ酸系シャンプーは頭皮の保湿力が高い分、頭皮への吸着性も高くなっています

そのため、しっかりとすすぐ必要があります。

アミノ酸系シャンプーの成分の特徴につきましては、下記の記事をご覧ください。

④⑤パーマやヘアカラー、紫外線などの刺激によってフケが出ることもあります。

⑥⑦生活習慣の乱れやストレスは、頭皮環境を悪化させてしまいます
頭皮の状態が良くないと、髪の状態も変化するので注意が必要です。

フケには大きく分けて2種類(乾性・脂性)
アミノ酸系シャンプーでフケが出る原因は7つ

今日から始められるフケ対策 

アミノ酸系シャンプーでフケが出る原因は、7つもあるんですね。
フケ予防としては、どのような対策がありますか?

次に、今日から始められるフケ対策を3つご紹介します。

  1. シャンプーの洗い方の見直し
  2. シャンプー選びの見直し
  3. 病院やクリニックの受診

一つずつ、詳しくご説明しますね。

今日から始められるフケ対策:①シャンプーの洗い方の見直し

お使いのシャンプーのままで良いので、まずはシャンプーの洗い方を見直しましょう
「フケが出る原因」でもご紹介しましたが、アミノ酸系シャンプーは保湿力と頭皮への吸着性が高いです。

そのため、他のシャンプーよりも十分にすすぐ必要があります。
シャンプーの洗い方のコツは以下の7つです。

シャンプーの洗い方のコツ7選

ステップ①:洗う前にはブラッシングを
ステップ②:シャワーの温度は38℃前後に設定
ステップ③:予洗いは3分を目安に
ステップ④:シャンプーは手で軽く泡立てる
ステップ⑤:頭皮をやさしくマッサージするように
ステップ⑥:シャンプーの洗い残しがないように
ステップ⑦:トリートメントは頭皮ではなく髪につける

詳細は、下記の記事をご覧ください。

今日から始められるフケ対策:② シャンプー選びの見直し

シャンプーの洗い方を見直しても変化がないときは、シャンプーの見直しをしましょう
アミノ酸系シャンプーには、数多くの種類があります。

メーカーによっても成分は異なるので、違うメーカーのアミノ酸系シャンプーを使用することも一つの方法です。

アミノ酸系シャンプーは、市販でも種類が多いです。

繰り返しになりますが、”アミノ酸配合シャンプー”も多いので、アミノ酸系シャンプーの成分にこだわりたい方は、美容室のシャンプーがおすすめです。

アミノ酸系シャンプー以外にも、やさしい洗浄力のシャンプーはありますか?

アミノ酸系シャンプー以外には、以下の2つのシャンプーがあります。

①ベタイン系シャンプー
②スルホコハク酸系シャンプー

どちらも、ベビーシャンプーとして使われているほど、肌にやさしいシャンプーです。
アミノ酸系シャンプーが合わない方は、上記のシャンプーも検討してみても◎。

①ベタイン系シャンプーの成分※一例です
  • コカミドプロビルベタイン
  • ラウラミドプロピルベタイン
②スルホコハク酸系シャンプーの成分※一例です
  • スルホコハク酸ラウレス2Na
  • スルホコハク酸ラウリル2Na

脂性のフケと乾性フケともに、シャンプーはやさしい洗浄成分が良いですか?
脂性のフケは、やさしい洗浄成分だと、皮脂汚れが落ちるかどうかが分からないのですが・・・

乾性のフケは、保湿を補う必要があるので、アミノ酸系やベタイン系などの洗浄成分がおすすめです。
脂性のフケは、高級アルコール系シャンプーなどの洗浄成分が強いシャンプーを使用すると、皮脂の過剰分泌の心配があるのでおすすめしません。
そのため、雑菌成分などが多く配合されている医薬部外品のシャンプーなどが良いでしょう。

今日から始められるフケ対策:③病院やクリニックの受診

脂性のフケの場合、脂漏性皮膚炎の可能性も考えられます。
薬用シャンプーを使用しても効果を感じられないときは、一度病院を受診してみても良いでしょう。

薬用シャンプーを選ぶ際には、以下の成分が入っているシャンプーがおすすめです。

雑菌・抗炎症が含まれる成分※一例です
  • グリチルリチン酸2k
  • ピロクトンオラミン
  • ミコナゾール硝酸塩
  • ヒノキチオール

医薬部外品シャンプーの購入を検討している場合は、上記の成分が配合されたシャンプーを使用してみることも一つの手です。

自社商品『ハナアフ スキンケアシャンプー』は、スルホコハク酸系シャンプーです。
また、ヒノキチオールを含んでいるので、低刺激シャンプーで頭皮を健やかに保ちます。

ハナアフ スキンケアシャンプー』の成分は、下記よりご覧ください。

『ハナアフ』は美容室専売ですので、ご購入の際は、お近くの美容室かインターネットで!

乾性のフケは低刺激シャンプー、脂性のフケは薬用シャンプーがおすすめ
シャンプーの洗い方やシャンプーの見直しをしても変化がない場合は、病院を受診することも一つの手

まとめ

今回は、

・アミノ酸系シャンプーでフケが出る原因
・今日から始められるフケ対策


についてご紹介しました。

頭皮のフケは、色んな原因が考えられるんですね。
まずは、シャンプーの洗い方を見直してみます。

頭皮ケアとヘアケアを行い、頭皮を健やかに維持して美髪を目指しましょう。

植林宏樹
植林宏樹

大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる