BLOG

オーガニックシャンプーって、ノンシリコンが普通なのですか?

そうですね。
オーガニックシャンプーは、基本的にノンシリコンが多いです。

そもそも、ノンシリコンとシリコンの違いがよく分かっていません・・・。
オーガニックシャンプーは、どこのメーカーがオススメなのか知りたいです!

今回は、 ノンシリコンとシリコンの違い  日本製と海外製のオーガニックシャンプーはどちらがオススメ?  オーガニックシャンプーは市販or美容院? についてご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

ノンシリコンとシリコンの違い

ノンシリコンとシリコンの違いを教えてください!

ノンシリコンとシリコンの違いをご紹介する前に、まずはシリコンについて詳しくご説明しますね。
大手メーカーのLUXのシャンプーを製造しているユニリーバ・ジャパンによると、

ケイ素をメインとした合成樹脂で、いわばコーティング剤のこと。
とのこと。

*引用記事:「ユニリーバ・ジャパン LUX シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは何?

そのため、シリコンはキューティクルをコーティングする役割があるので、髪をしっとりまとめてくれます。
一方で、ノンシリコンは髪をさらさらに軽く仕上がります。

つまり、ノンシリコンとシリコンの違いは、 髪の手触りが大きく変わってくる ということですね。

オーガニックというと、ノンシリコンかどうかを気にする方も多いかもしれません。
シリコンは化学原料でできているので、基本的には使用していないものがほとんどです。

それではなぜ、シリコンを配合したシャンプーがあるのでしょうか?
結論からお伝えすると、髪の仕上がりの感触をごまかすためにシリコンを配合しているから。

とくに安価なシャンプーには、硫酸系の強い洗浄剤を使用されることが多いので、髪は”ガシガシ”になってしまいます。
その”ガシガシ”の感触をまぎらわすために、シリコンを配合しているのです。

ただし、シリコンは 非常に安全性は高く刺激などもありません。 
実際に、ファンデーションや口紅などの化粧品にも使用されています。

しかし、シャンプーは洗浄することが本来の目的です。
コーティングするためのシリコンは必要ないですよね。

そのため、”シリコン=ダメ”というイメージが生まれました。

繰り返しになりますが、シリコン自体が危険な成分というわけではありません。
反対に、 トリートメントで使用される場合はキューティクルをしっかり守ってくれる ので、髪をきれいにするためには非常に有効です。

日本製と海外製のオーガニックシャンプーはどちらがオススメ?

ノンシリコンとシリコンの違い、とっても分かりやすかったです!
オーガニックシャンプーの商品を調べているのですが、日本製だけでなく海外製のものもたくさんありますね。

そうなんですよ。
前回の記事でもお伝えしましたが、オーガニックブームは、日本よりも海外のほうが発展しています。

ということは、発展している海外製のほうが良いのでしょうか?

日本製と海外製のオーガニックシャンプーについて少しご紹介しますね。

オーガニックというと、欧米諸国の方が進んでいるイメージがあるかもしれません。
実際、この記事を書いている2021年時点では、日本には化粧品に関するオーガニック認証機関はありません。

食品に関しては農林水産省が認める有機JASがありますが、コスメに関しては基準がまだありません。
(※一部海外認証機関の日本法人などはあります。)

そのため、オーガニックはヨーロッパやアメリカからの輸入商品が多く見られます。
ただし、必ずしも髪や肌にやさしいということではないです。

なぜなら、 欧米人と日本人では髪質や肌の特徴が異なる から。
海外では安全とされれいるオーガニックシャンプーでも、日本人の肌には合わないということも十分に考えられます。

簡単にまとめますと、

自然=環境にやさしい〇
自然=髪、肌にやさしい△

ということですね。

上記を踏まえて、オーガニックシャンプーを選ぶ際に重要視する点をピックアップしてみてください。
ぜひ、あなたの目的に合ったものを選びましょう!

*関連記事:「今更すぎて聞けない!オーガニックシャンプーとは?~メリット・デメリット編~

オーガニックシャンプーは市販or美容院?

オーガニックシャンプーは美容院だけでなく、今ではドラッグストアでも販売されていますよね。
どちらも成分は変わらないのでしょうか?

最後に、オーガニックシャンプーは市販or美容院のどちらがオススメなのか?についてご紹介しますね。

オーガニックシャンプー選びでもっとも重要なことは、 自分の目的に合っているかどうか? ということです。
ヘアケア剤の場合は、”価格=原料コスト”という側面もありますので、”高価な商品=良い商品”という考えもあながち間違いではありません。

突然ですが、あなたはオーガニックシャンプーを選ぶ際にどの点を重視しますか?

  • オーガニック認証を受けた本格的なオーガニック商品
  • 自然派のもの
  • 使用感や髪の手触り
  • 環境に優しい

上記の4つのどれかに当てはまる方もいれば、そうでない方もいらっしゃるかもしれません。

どれを選んで良いかわからない方は、  髪のプロである美容師さんに相談されるのがベスト です。
なぜなら、あなたの髪質を一番理解してくれているから。

最近では、オーガニックシャンプーの種類は非常に増えています。
百貨店や美容院で販売される高価なものから、ネットやドラッグストアで手に入る安価なものまであります。

シャンプー選びに困ったときは、あなたの髪質をよく知る美容師さんに一度聞いてみてくださいね。

そんな美容師さんもオススメするオーガニック系シャンプー【ハナアフ】について最後に少しご紹介させてください。

ハナアフは、日本人女性に向けた安心安全のシャンプーです。
オーガニック認証成分も配合していますが、あくまでも重点をおいたのは”安心安全”です。

シャンプーの目的は髪ではなく頭皮を洗うこと。
つまり、”肌を洗う=洗顔”と同じです。

肌を洗うときに強すぎる洗浄力は、少し心配ですよね。
そこで、ハナアフが追及したのは”髪にも肌にもやさしい”ところです。

毎日を快適に心地よく使えるものをシンプルに追及すると、自然素材を活かした商品になりました。
化学合成品を否定するわけではありません。

テストを繰り返す中で、より安心といたわりを感じるのは自然由来のものでした。
自然由来のオーガニック製品はたくさんありますが、私たちにとってそれはあくまで責任と手段であって目的ではありません。

真の目的は、昨日より今日、今日より明日とより美しくなること。

スキンケア系ヘアケアハナアフは、美容室専売商品です。
お買い求めは、お近くの美容室で!

まとめ

今回は、 ノンシリコンとシリコンの違い  日本製と海外製のオーガニックシャンプーはどちらがオススメ?  オーガニックシャンプーは市販or美容院? についてご紹介しました。

オーガニックシャンプーのことについて、色々と教えてくださりありがとうございました。

①ノンシリコンとシリコンの違い
シリコン:キューティクルをコーティングしているので、しっとりまとまった仕上がり
ノンシリコン:軽くさらさらした仕上がり

②オーガニックシャンプーは日本製か海外製か
ポイント:自分の髪質に合っているかどうか
日本よりも海外のほうがオーガニックブームは発展しているものの、髪質や肌質は日本人とは少し異なるので100%安心とは言い切れない

③オーガニックシャンプーは市販or美容院
オーガニックシャンプーに”自分が何を求めるか”で変わる
困ったときは、行きつけの美容師さんに聞く

今日は、上記のポイントをしっかりとインプットします!

美容のことでご質問があれば、私のような美容業界に携わっている人に聞いてみても良いですよ。
私でよければいつでもお答えできますので、何かご質問等あれば下記のSNSよりお気軽にお問い合わせくださいね。

植林宏樹
植林宏樹

大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA