男性のトリートメントは必要?それとも不要? やってはいけないトリートメントのつけ方とは

男性は、トリートメントやコンディショナーなどは必要ないのでしょうか?

男性の髪の毛の長さやヘアケアの状態によって異なります。

そうなんですね。
そもそも、トリートメント・コンディショナー・リンスの3つの違いが分からないです。

そこで今回は、

・トリートメント・コンディショナー・リンスの3つの違いとは?
・トリートメントが必要な男性
・トリートメントが不要な男性
・トリートメントをつけるときの注意点


について詳しくご紹介します。

  Mary(まりー)
Mary(まりー)

初めまして。Plus heartのwebライターのMary(まりー)です。
色んな方法を使って人とコミュニケーションを取ることが大好き!
「話す・書く・手話する」の3刀流で”人とのつながり”を大切にしています。
昔から”美”に関することは、基本的に何でも興味を持っています。
しかし、実をいうと美容業界にいる年数はまだ1年も経っていません。
そこで、このたび長年、美容業界にいらっしゃる植林さんと一緒に【美容に関する記事】をたくさん発信していきたいと思います。

目次

トリートメント・コンディショナー・リンスの3つの違いとは?

男性にトリートメントは必要でしょうか?

その前に、まずはトリートメント・コンディショナー・リンスの3つの違いについてご紹介します。

まずは、トリートメントについて。
トリートメントは、内側から髪のダメージを修復する効果が期待されます。

トリートメントの最大のメリットは、内側から栄養を補えること
内側と外側の両方から髪の毛を健やかに保つ役割があります。

次に、コンディショナーは髪の表面を補修し指通りを良くします。
トリートメントとの違いは修復作用がない点です。

リンスもコンディショナーと同様、修復作用はなく髪の表面の補修がメインになります。
3つを表にまとめると下記の通りです。

トリートメントコンディショナーリンス
指通りの良さ
表面のツヤ
修復作用ありなしなし

トリートメントはコンディショナーやリンスに比べて値段は高いものが多いですが、髪のダメージの根本を解決してくれるので髪のダメージに悩んでいる方はとくにおすすめです。

トリートメントが必要な男性

男性でトリートメントが必要なのはどのような方でしょうか?
以下のようなヘアスタイルの方は、トリートメントをおすすめします。

トリートメントが必要な男性

  • パーマ
  • ブリーチ
  • 縮毛矯正
  • アイロンを定期的に使用
  • 髪が長い
  • 髪がパサつきやすい
  • 髪のクセが多い
  • パーマやブリーチ、そして縮毛矯正の方は薬剤による髪のダメージが考えられます。
    そのため、トリートメントをつけてヘアケアを行うと良いでしょう。

    定期的にアイロンを使用している場合も、髪へのダメージは大きいです。
    また、髪の長い方で指通りが良くない場合も、トリートメントをつけることをおすすめします。

    髪のパサつきやクセが気になる方も、トリートメントをつけることで髪の状態が落ち着くこともあります。

    トリートメントが不要な男性

    一方、トリートメントをする必要がない男性はどのような方なのでしょうか?

    トリートメントが不要な男性

  • 髪の短い方
  • スキンヘッドや丸坊主の方
  • 髪の短い方や、スキンヘッドで髪のない方はトリートメントが不要です。
    むしろ、トリートメントをつけることで抜け毛になったりするデメリットも。

    詳しくは次の章でご紹介しますね。

    トリートメントをつけるときの注意点

    男性はトリートメントが必要な方とそうでない方がいらっしゃるんですね。
    トリートメントを使用する際に気をつけておきたいことは何かありますか?

    最後に、トリートメントを使用する際の注意点として、以下の2つをご紹介します。

    1. 頭皮につけない
    2. つけすぎない

    一つずつ、詳しくご説明しますね。

    トリートメントをつけるときの注意点:①頭皮につけない

    「トリートメントが不要な男性」でもお伝えしましたが、トリートメントを頭皮につけることは頭皮の毛穴が詰まり抜け毛になる可能性があります。
    そのため、トリートメントをつけるときは毛先を中心につけるようにしましょう。

    トリートメントをつけるときの注意点:②つけすぎない

    トリートメントの頻度と量についてお伝えします。
    まず頻度についてですが、基本的にはトリートメントは毎日使用する必要はなく週に2〜3回程度で大丈夫です。

    ただし、ダメージの強い髪やパサつきを抑えたい場合は週3〜4回に増やしても良いでしょう。

    量については、
    ・ミディアムの方は半プッシュ~ワンプッシュ
    ・ロングの方はワンプッシュ~ワンプッシュ+半プッシュ
    を目安につけましょう。
    量については、
    ・ミディアムの方は半プッシュ~ワンプッシュ
    ・ロングの方はワンプッシュ~ワンプッシュ+半プッシュ
    を目安につけましょう。
    ※半プッシュとはワンプッシュの半分の量のこと

    ショートの方は「トリートメントが不要な男性」でもお伝えした通り、トリートメントは不要です。

    トリートメントをつけるときの注意点:~番外編~

    トリートメントをつけることももちろん大事ですが、実はシャンプーのほうが重要です。
    なぜなら、シャンプーは頭皮の洗浄をするから。

    正しい頭皮の洗浄をすることで、かゆみやフケ、抜け毛などの対策にもつながります。
    そのため、まずはシャンプー選び、そして正しいシャンプーの洗い方を行いましょう。

    シャンプー選びやシャンプーの洗い方については、下記の記事で詳しくご紹介しています。
    ぜひ、合わせてご覧ください。

    *関連記事:「シャンプーの”自分に合うもの”は何で判断すべき?自分に合ったシャンプーの見つけ方3選
    *関連記事:「たったコレだけ!シャンプーをする目的とシャンプーの洗い方のコツ7選

    ちなみにですが、弊社の『ハナアフ』シャンプーはメンズにもおすすめしています。詳細は下記の記事からご覧ください。

    *関連記事:「低刺激シャンプー『ハナアフ』をメンズにもおすすめする理由とは?~前編~
    *関連記事:「低刺激シャンプー『ハナアフ』をメンズにもおすすめする理由とは?~後編~

    まとめ

    今回は、

    ・トリートメント・コンディショナー・リンスの3つの違いとは?
    ・トリートメントが必要な男性
    ・トリートメントが不要な男性
    ・トリートメントをつけるときの注意点


    についてご紹介しました。

    トリートメントは男性にも必要な方もいれば、必要ない方もいらっしゃるんですね。

    トリートメントではなく、コンディショナーやリンスでも大丈夫ですが、ヘアケアを重視されている方はトリートメントをおすすめします。
    トリートメントは内側から髪の栄養を補ってくれることはもちろん、外側からも髪の指通りを良くする役割があります。

    ダメージ髪やくせ毛などで悩んでいる男性で、まだトリートメントを使っていない方はぜひ一度トリートメントをつけてみてください。

    植林宏樹
    植林宏樹

    大阪の大手ディーラーで15年間勤務。
    約2,000件以上のサロンを訪問し、多種多様なサロン形態と美容室経営の成功事例、失敗事例を直に見てきました。
    地域で頑張るサロンのサポート方法を模索し、2015年にサロンサポート事業Plus heart開業。同時にサロン専売商品【ハナアフ】をスタート。

    現在は、”商品×コンテンツ”をテーマにただ商品を売るだけではなくプラスアルファの価値を届けるように、サロン活性化のためのメニュー開発や仕組みづくり、サロン様オリジナル商品の開発にも取組み事業範囲を拡大中。
    今後は、ECを使ってサロンの収入の柱を増やすシステムなどを企画中。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる