BLOG

頭皮がべたつく・・・
頭皮トラブルの中でも頭皮のべたつきについてお悩みの方も多いのではないでようか?

頭皮のべたつきの原因として考えられるのは大きく分けて5つです。

  • 頭皮の状態が良くない
  • トリートメントが重すぎる
  • 洗い残しがある
  • スタイリング剤が落ちていない
  • 食生活

それぞれを詳しく説明し、あわせて解決策もご紹介していきます。

頭皮の状態が良くない

1つ目は、頭皮の状態が良くないことによる頭皮のべたつきについてです。

頭皮から過剰に皮脂が分泌されることによりべたつきが起こります。

 乾燥肌 ⇔ 普通肌 ⇔ オイリー肌

オイリー肌または脂性肌とも言いますが、もともと皮脂の分泌量が多く頭皮に皮脂がたまりやすい方はどうしてもべたつきがちです。
まずはシャンプーを頭皮ケア用のすっきり洗いあがるものに変えてみて場合によっては、皮脂を抑える頭皮用のエッセンスやトニックなどを使っても良いかもしれません。

そして、意外と思われるかもしれませんが、乾燥肌の方も部分的に皮脂分泌が過剰になりべたつく可能性がありますので注意が必要です!

乾燥肌が皮脂分泌過剰?どういうこと?と思われるかもしれませんね。
スキンケアに詳しい方でしたら聞いた事あるかと思いますが、いわゆる”混合肌”というやつです。

基本的には乾燥しやすいのですが、体が乾燥を補おうとして過剰に皮脂を分泌してしまうのです。

目や口回りは乾燥しているのにTゾーンだけやたらとテカる。
手や足はカサカサなのに体だけ汗でベタベタする。
そういった方は、混合肌かもしれません。

このタイプの人は、すっきり系の洗浄力の強いシャンプーを使ってはいけません。
なぜかというと、頭皮を洗いすぎると地肌の乾燥の原因になり、乾燥を防ごうとして皮脂が過剰に分泌されます。

 洗う⇒皮脂過剰⇒しっかり洗う⇒さらに皮脂分泌

負のスパイラルです・・・

混合肌の方におすすめの対処法は、「やさしめのシャンプーで2シャンする」です。(※2シャン=2回シャンプーする)

肌を傷つけない比較的やさしめのシャンプーで軽めのものが良いでしょう。
ダメージケア効果の高いアミノ酸系のシャンプーなどはしっとりし過ぎる場合もあるので、オーガニックやボタニカルのあまり余分なモノが入っていないものが良いと思います。

トリートメントが重すぎる

トリートメントが重すぎることによるべたつきも考えられます。

ドラッグストアや美容室、ネットや通販など、トリートメントは、かなりの種類があります。
髪質や好みに合わせて使い分けれるようになっており高品質な商品も増えています。

ただし、少し気になるのが、ダメージケアに注力し過ぎた結果やや質感が重ためのものが多いことです。

トリートメントの目的は、主に髪の毛の修復やダメージケアなのでダメージケアに注力するというのは当然のことなのですが、”パサつきが気になる” ”毛先がガシガシする”などを改善しようとするとどうしてもしっとりした感じになりがちです。
ハイダメージ用のトリートメントを使ってみたらダメージは改善されたけど髪がペタンとなったというような経験をされたことがあるかたもいらっしゃるのでは?

軽めのトリートメント、もしくはリンスやコンディショナーに変えると良いのですが、そうすると今度はダメージが・・・
そういったジレンマにはまってしまうわけですが、解決策は簡単で根元、中間、毛先でケアを変えましょう!ということです。

毛先用の集中ケアトリートメントと根元中間用の軽めのトリートメント、2種類用意できれば一番良いのですが、面倒ですしお金もかかります。
そういった場合は、トリートメントの塗布量や置く時間を変えるだけでも大丈夫です。
オイルなどを持っているかたは、シャンプー前に毛先だけオイルをつけて後は全体に軽めのトリートメントで仕上げるといった方法でもOKです!

手順について詳しく見たい方はこちらも参考になると思います。⇒ハナアフテクニック編
弊社の商品で説明していますが、オーガニック系のオイルなどでしたら大抵同じように使えると思います。

しっかり洗い流せていない

しっかりと汚れがとれていなかったり、すすぎ残しがある場合も当然べたつきの原因になります
この場合にまず見直すべきは、シャンプーやトリートメントではなく”洗い方”です。

多くの方がおろそかにしがちなのが、お湯による予洗いです。

汚れには、水やお湯で落ちる水性の汚れと界面活性剤(洗浄成分)が必要な油性の汚れがあります。
そして、髪や頭皮の表面についている汚れなどはある程度お湯で落ちます。

表面的な汚れが残っている状態でシャンプーをつけても泡立ちがわるくなり汚れはとれません。
髪が濡れていれば良いと思って、少し濡らしてすぐにシャンプーをつけてしまう方がいますが、それはダメです。
最低でも1分以上はお湯で髪をしっかり洗い流し、その後シャンプーをするようにしましょう。

あとは、耳の裏、首筋など洗い残し、すすぎ残しがないようにしっかりとお湯ですすぎます。
トリートメントもすすぎ残しで頭皮に残るとべたつきや肌荒れの原因になることがありますのである程度しっかりすすぎましょう。

スタイリング剤がとれていない

ハード系のスプレーやワックスなどを毎日使う人は要注意です。

一見落ちているように見えても実際には、キューティクルの隙間にスプレーの樹脂が残っていたり、ワックスの油分が頭皮に残っていたりします。

こういった場合は、クレンジングシャンプーなど普通より洗浄力のしっかりしたシャンプーを使うと良いのですが、ダメージが気になる方はあまり強いシャンプーを使うのも怖いという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方にお勧めの方法は、リバースケアす!

通常は、シャンプーの後にトリートメントですが、リバースケアはその逆、先にトリートメントをつけます。

●通常・・・シャンプー⇒トリートメント
●リバースケア・・・トリートメント⇒シャンプー

ハイダメージの方は、トリートメント⇒シャンプー⇒トリートメントでもOKです。
その場合は、ややしっかり目にすすぐようにしましょう。

詳しい手順は以下です。

①ブラッシング 髪が固まった状態では、トリートメントがつけにくいので荒めの櫛やブラシで軽く髪をほぐします。 無理に引っ張ると切れ毛になりますのでやさしく。

②オイルまたはアウトバストリートメントを塗布 出来ればオーガニック系のオイルなどをつけます、がベビーオイルでも代用できます。 スタイリング剤に含まれる油分や樹脂などが浮き上がりとれやすくなります。 オイルなどがない方はつけなくてもOKです。

③トリートメントを重ねる うえから重ねてトリートメントをつけます。 オイルとトリートメントが乳化してとれやすくなります。 オイルをつけなかった方は、トリートメントをたっぷりめに。

④そのまま10分ほど置いてください。 時間を置くことでトリートメント成分が髪に浸透し、表面のよごれはやわらかくなりおちやすくなります。

⑤やさしくすすぐ その後すすぎます。この時はあまり強くゴシゴシしないようにしましょう。

⑥シャンプー 通常通りしっかりとシャンプーをします。 頭皮にオイルなどが残っているとべたつきの原因になりますのですっきりする程度しっかり洗います。 基本的にはこれで終了です。

⑦必要な場合はトリートメント ハイダメージでどうしても手触りが気になる方は最後にもういちどトリートメントやコンディショナーをつけてもOKです。

食生活が頭皮のべたつきになることも

当然ですが、食生活が肌や頭皮に影響することもあります。
揚げ物など油っぽい食事ばかりに偏ると皮脂が過剰に分泌されたり頭皮の臭いの原因にもなります。
野菜や魚などをバランスよく取り入れた食事を心がけましょう。

また乱れた食生活は、ストレスにもつながります。
ストレスにより皮脂が過剰分泌されたり活性酸素が発生すると頭皮もダメージを受けます。

健康的な食生活は、健康な頭皮と髪を手に入れるためには必須だといえます。

【頭皮がべたつく原因】まとめ

今回は、頭皮がべたつく原因についていくつかご紹介しました。 改善点としては、頭皮の状態を見極めて自分にあったシャンプーやトリートメントを選ぶ。 洗い方を見直す、リバースケアなども試してみる。そして食生活の改善です。

 

頭皮の状態は人それぞれで、べたつきやトラブルの原因が1つとも限りません。 出来ることから色々試してみてご自分に合った方法を見つけてください。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA